Blog

Mavic Air 2S

4/15に発表のあった新型です。

とりあえず天気が悪いので初期設定、充電、保険の手続きをします。

自分はMavic AirとMavic Air 2を使っていますが、新しい仲間 Mavic Air 2S が増えました。

Mavic Air 2S はMavic Air 2と比べて重量は少し増えましたが、カメラ部のセンサーサイズが1型(有効画素数は20MP)に大型化したので夕方や暗所の撮影が良くなります。
カメラ部に20MPの1型センサーを搭載したことで、5.4K 30fps記録が可能になったので、少しだけど解像度の高い撮影が出来るのが良いですね。他メーカで8Kまで撮影出来るドローンも出ていますが、8Kモニタ-は持っていないので、今のところ十分です。

また新しい撮影機能として、近距離、ランドスケープ、ポートレートといった3種類のプログラマブル撮影機能「マスターショット」を搭載。被写体を選択して機体が自動で飛行経路を計画して対象となる被写体を撮影してくれます。

コントローラとドローン間の映像の最大伝送距離は12kmと伸びました。日本では電波法の関係で8kmですが、もう凄いですね。

無風条件での最大飛行時間は約31分で、最大飛行距離は18.5kmで、限界高度は海抜5,000m。

機体には障害物検知センサーも搭載。上下方向および前後方の計4方向にセンサーを備える事で空間を認識出来ます。

操縦支援システム「APAS 4.0」は、アルゴリズムが進化しており、障害物の多い状況でも安定した回避飛行が可能で、自動操縦システムを有効にした場合、障害になる物体を回避しながら自立飛行してくれます。

空を飛ぶ道具なので安全性の高い物を利用したいので、これは映像の美しさも大事ですがもっとも気をつけたいところですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation